お庭の環境を保つためにも剪定などのお手入れは大切です

ガーデニングに必要な道具

芝生と草刈り道具

大阪で暮らしていると部屋やベランダお庭など殺風景のまま放置してしまっているお家をよく見かけましたが、近年では景観を鮮やかに彩る方法として大阪でもガーデニングを取り入れる方が多くなったようです。初心者のかたには敷居が高く見えるガーデニングですが、まずはどのような道具から揃えればいいのでしょうか。大阪の園芸店などで苗を買うのはその後です。
まずはシャベルやスコップといった土を耕すための道具です。一般的にシャベルは手で持てる小ぶりなものを指し、スコップは両手を使いおおぶりなものを指します。ガーデニングに使う、面積や花壇などの形状によって必要な道具を買い揃えるようにしましょう。ジョウロやホースも水やりの時に必要なアイテムです。水が出てくる部分が蓮口であるものが必要条件ですが、今は取り外しできる商品もありますので必要に応じて選びましょう。ハサミも植物に直接触れ枝や茎を切ったりする道具なので、花を傷つけないためにも専用のハサミを使いましょう。鉢もガーデニングに使用する場所に適したサイズの物を選ばなければなりません。お菓子の空き缶などを鉢として利用する場合は水ハケが出来る環境でなくてはなりませんので、キチンと排水口をつくってあげましょう。また衛生面だけではなく植物のトゲから身を守るためにも園芸グローブは専用のものを買う必要があります。これらは大阪のホームセンターなどで購入することが可能ですので、初めての方はスタッフと相談しながらお選びになっても良いでしょう。道具の確保はガーデニングをはじめる第一歩です。